-INFORMATION-

お知らせ

外壁塗装で壁を黒にしようと思っている方へメリットとデメリットを紹介!

「外壁塗装では絶対に壁を黒色にしたい」
このようにお考えの方は多くいらっしゃるかもしれません。
せっかく外壁塗装をするのであれば、しっかりとメリットとデメリットを把握しておきたいですよね。
そこで今回は、外壁を黒色に塗装する場合のメリットとデメリットを紹介します。

 

□外壁を黒にするメリットとデメリットとは

ここではメリットとデメリットを紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。
メリットは以下の2つです。

・高級感がある
黒は他の色よりも光を反射しにくいという特徴があります。
そのため、高級感を演出できるのです。
また、艶のある黒であれば重厚感を、マットな質感の黒であればモダンな印象に仕上げられます。
日本ではあまりみられない色のため、クールな印象を持たせられるでしょう。

・他の色を目立たせられる
色の中で最も暗い色である黒は、他の色を際立たせられます。
他の色を組み合わせて使用しようと思っている場合は、良い組み合わせになる可能性は高いでしょう。

デメリットは以下の3つです。

・熱を吸収しやすい
他の色よりも熱を吸収しやすいという特徴があります。
家の構造によっては、室内の温度も高まります。
夏場は熱中症に注意する必要があります。

・汚れが目立ちやすい
黒は汚れが目立ちにくいと思っている方は多いのではないでしょうか。
外壁は鳥のフンや土埃などに晒されることがあります。
こうした汚れは白色なので、黒の外壁は汚れを目立たせてしまうでしょう。

・定期的なメンテナンスが必要
熱や紫外線を吸収しやすい黒色はメンテナンスの頻度も高まります。
特に注意しなければならないのが、チョーキング現象です。
放置していると、劣化が進んでしまうため気をつけましょう。

 

□3つの注意点を紹介

ここからは注意点を紹介します。
3つの注意点を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

・暑さ対策
先ほども紹介した通り、熱を吸収しやすい黒色は暑さ対策が必須と言えるでしょう。
暑さ対策といえば、断熱材です。
しっかりと断熱材を施しましょう。

・劣化対策
劣化しやすいことも先ほど紹介しましたね。
黒色の中でも耐久性の高い塗料を選択すると良いでしょう。

・外観対策
建物の色には規制がかかっているところがありますよね。
そういった規制がない場合でも、黒は目立ちやすいです。
周囲の景観と合っているかどうかはしっかりと確認しておきましょう。

 

□まとめ

今回は、外壁を黒色に塗装する場合のメリットとデメリットを紹介しました。
メリットとデメリット、注意点についてご理解いただけたでしょうか。
羽曳野市、藤井寺市周辺で外壁塗装について相談したいという方はぜひ当社までお気軽にご連絡ください。