-INFORMATION-

お知らせ

外壁塗装って必要なの?専門業者が外壁塗装の必要性について解説!

「外壁塗装って本当に必要なの?」
「外壁の塗装が剥がれてきたけど、そのまま放置している」
このような方は多くいらっしゃいます。
実は外壁塗装は住宅を守る上で非常に大切な役割を果たしています。
そこで今回は、外壁塗装の必要性について紹介します。

 

□外壁塗装が必要な理由とは

ここでは、外壁塗装が必要な理由をいくつか紹介します。

1つ目の理由は、汚れや傷をきれいにするためです。
外壁は日光や雨風に晒されているのでどうしても見た目が悪くなってしまいがちです。
塗装をすると、見た目を美しく保てます。

2つ目の理由は、外壁材を長持ちさせるためです。
先ほど日光と雨風に晒されていることを紹介しましたが、これは見た目だけに影響を与えるわけではありません。
外壁に劣化にもつながります。
外壁の劣化を防ぐためには塗装が役立ちます。

3つ目の理由は、住まいを長持ちさせるためです。
外壁材が劣化してしまい、そのまま放置していると住宅の内部にまで劣化が進んでしまう可能性があります。
住まいに長く住むためには、外壁塗装が必要です。

4つ目の理由は、補修費を抑えるためです。
外壁塗装にはもちろんお金が必要ですが、住宅の内部にまで劣化が進んでしまうと、外壁塗装をするよりも高額な補修費用がかかってしまうかもしれません。
将来的な補修費用を考えると、外壁塗装をした方が良いでしょう。

5つ目の理由は、住宅の資産価値を守るためです。
家が劣化するということは、住宅の資産価値も低下するということです。
資産価値を下げないようにするためにも外壁塗装は役立ちます。

 

□外壁塗装を行うタイミングとは

ここまでは外壁塗装の必要性に焦点を当ててお話を進めてきました。
ここからは外壁塗装をするタイミングについて紹介します。

塗り替えをする際には2つの目安があります。

1つ目は、築10年です。
一般的な住宅であれば建ててから10年ほどが経った段階で劣化症状が発生します。
そのため、築10年が目安となります。

2つ目は、塗膜の劣化状態です。
塗膜を触った時に白い粉がついたり、苔が発生していたりする場合は、塗り替えた方が良いでしょう。
また、ひび割れが発生していたり、塗膜が剥がれていたりする場合は、早急に塗装をすることをおすすめします。

 

□まとめ

今回は、外壁塗装の必要性について紹介しました。
外壁塗装が住宅を守る上で非常に重要な役割を果たしていることをお分かりいただけたでしょうか。
外壁塗装をしなければいけないなと思った方も多いのではないでしょうか。
羽曳野市、藤井寺市周辺で外壁塗装を検討中の方はぜひ当社までご連絡ください。