-INFORMATION-

お知らせ

雨の日に外壁塗装はできる?雨による影響について解説します!

「これから梅雨の時期に入るけど、外壁塗装ってできるの?」
このような疑問をお持ちの方は多くいらっしゃるでしょう。
確かに雨の日の塗装工事はどう進めるのかは想像がつきませんよね。
そこで今回は、羽曳野市、藤井寺市周辺で外壁塗装をお考えの方へ雨による外壁塗装への影響について紹介します。

 

□雨が外壁塗装に与える影響とは

雨が降ると分かっていて塗装工事を依頼するのは少し気が引けますよね。
ここでは雨が外壁塗装に与える影響について紹介します。

・基本的に工事ができない
雨の日は皆さんのご想像通り、工事を行うことはできません。
理由としては、塗料の説明書に「気温5度以下、湿度85%以上の場合は塗装を避けてください。」という記載があるためです。
この条件を守らずに施行してしまうと、塗料に不純物が混ざってしまうのです。
そうなると、色が変わったり、塗膜の成形不良を起こしたりする可能性が高まります。

・途中で雨が降り始めた場合は?
途中で雨が降ってしまうと、工事の質が低下する恐れがあります。
例えば、塗料が流れてしまったり、剥がれてしまったり、ひび割れたり、光沢が低下したりする恐れがあるでしょう。
上記のような事態が発生してしまうと、再び塗装をしなければならなくなってしまいます。

・工期が伸びる
塗装会社もある程度雨が降りそうな日にちを予想しながら工期を設定します。
しかし、予期せぬ雨が続いてしまうと、どうしても作業が進められません。
そうなってしまうと、完成まで時間がかかってしまうでしょう。
ただし、外壁塗装は塗料を塗るだけの工事ではないため、それ以外の作業を行うことはあります。

 

□雨の日でもできる作業とできない作業について紹介

ここまでは雨が外壁塗装に与える影響について紹介しました。
先ほど雨の日でもできる作業があることを紹介しましたので、ここからは雨の日でもできる作業とできない作業について紹介します。

まずは、雨の日でもできることを紹介します。
・高圧洗浄
こちらは塗装を行う前に汚れを取り除く作業です。
あらかじめ外壁をきれいにしておくことで、塗装の仕上がりを良くできるのです。

・足場の組み立てと解体
高い場所を塗装する際には、足場が必ず必要になります。
雨が激しいと怪我や事故につながる可能性があるため、小雨程度の場合にしかできません。

・飛散防止シートの設置
塗料が周囲に飛び散らないようにシートを貼る作業です。
こちらも雨の日にできる作業です。

次は、雨の日ではできないことを紹介します。
・外壁塗装工事
仕上がりの面から考えても工事を進められないでしょう。

・養生と養生はがし
養生は湿気が多いと接着しなくなってしまいます。
剥がす際にも雨で濡れていると、付着したと塗料が飛散してしまう可能性があるため、できません。

 

□まとめ

今回は、羽曳野市、藤井寺市周辺で外壁塗装をお考えの方へ雨による外壁塗装への影響について紹介しました。
雨の日にできることとできないことについてご理解いただけたでしょうか。
時期によっては雨が降りやすくなりますので、その点は専門会社に相談すると良いでしょう。