-INFORMATION-

お知らせ

外壁塗装の適切な頻度とは?おすすめのタイミングを紹介します

「外壁塗装はどれくらいの頻度で行うのかわからない」
このようにお悩みの方は多くいらっしゃるでしょう。
新築を建ててからしばらく経っているが、いつ塗装すれば良いのかわからないという方は多いですよね。
そこで今回は、羽曳野市、藤井寺市周辺で外壁塗装をお考えの方へおすすめのタイミングを紹介します。

 

□おすすめのタイミングについて紹介

ここでは外壁塗装のおすすめタイミングについて紹介します。
いつやれば良いかわからないという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

新築の方に目安にしていただきたいのは、建ててから8〜12年目です。
上記はあくまで目安です。
より詳しい目安を知りたいという方は、外壁材の耐久年数を指標にしてみると良いでしょう。
材質の種類によっては建ててから12年経過していても、外壁塗装をする必要がないこともあります。

2度目の外壁塗装をお考えの方は、塗料の種類から次の塗装をする時期を見極めましょう。
下記に塗料ごとの耐久年数を参考までに紹介しておきます。

・アクリル 約3年〜
・ウレタン 約5年〜
・シリコン 約7年〜
・フッ素 約15年〜
・ピュアアクリル 約15年〜
・無機 約15年〜

製品によっては上記の数値とは異なることもあるので、気をつけてくださいね。
また、劣化具合によってはより早く塗装をしなければならないこともあるので、覚えておきましょう。

 

□外壁の状態から外壁塗装の時期を判断する方法とは

先ほど塗装の劣化具合によっては塗料の耐久年数よりも早めに塗り替える必要があることを紹介しました。
そのため、ここからは外壁の状態から外壁塗装の時期を判断する方法を紹介します。
外壁の症状を確認して塗装時期を見極めるので、症状の種類とそれぞれの対応を参考にしてください。

・色あせ
紫外線によって塗膜の色が変化してきている状態です。
とりあえずは経過観察で良いでしょう。
見た目の変化が気になる方は塗装しても良いかもしれませんね。

・ツヤがなくなる
紫外線や雨風によってツヤがなくなってきている状態です。
こちらも色あせと同様の対応をしてください。

・コケ
塗膜の防汚性能が低下している状態です。
こちらも経過観察で良いでしょう。

・チョーキング
こちらは塗膜の成分が劣化して白い粉が発生しています。
できる限り早急に塗り替えてください。

・塗膜の浮きや剥がれ
こちらもチョーキングと対応は変わりません。

・シーリングが切れている
サイディングの継ぎ目の充填材が硬化すると、切れてしまいます。
こちらも早急に塗り替えに取り掛かりましょう。

・クラック
外壁にヒビが入っている状態のことを指します。
放置していると外壁そのものがどんどん劣化してしまいます。
すぐさま塗り替えましょう。

 

□まとめ

今回は、羽曳野市、藤井寺市周辺で外壁塗装をお考えの方へおすすめのタイミングを紹介しました。
外壁塗装に関してわからないことや気になることがあるという方はぜひ当社までご連絡ください。
本稿を参考にして外壁塗装の適切なタイミングを見つけていただければ幸いです。