-INFORMATION-

お知らせ

工事に入る前の流れと外壁塗装の流れを解説します!

外壁塗装工事の流れが知りたい。
このような方は多いでしょう。
この記事では、外壁塗装の工事に入る前の流れと工事自体の流れを解説します。
気になる方はぜひ参考にしてください。

 

□外壁塗装の流れを解説します!

まずは外壁塗装の流れを解説します。

最初に、近隣挨拶です。
工事が始まる前には必ず周辺のお宅を訪問して、外壁塗装の工事を行う旨と、工事にかかる期間を説明しましょう。
工事期間は、臭いが発生したり騒音が発生したりすることでトラブルになる可能性があるので、事前に理解してもらうことが大切です。

続いて、足場の設置前に現場の確認を行いましょう。
この時、足場の設置に邪魔になるものは全て動かします。
立ち会い、汚れると困るものの移動を行いましょう。
ここまで完了すれば、足場を設置します。

ここから本格的な作業に入ります。
まずは高圧洗浄で塗装する面についているほこりや汚れを落とします。
この作業を丁寧にすることで、塗料の密着がよくなります。

高圧洗浄が終わったら、下地処理を行います。
これは、ひび割れや錆など劣化している部分を補修する作業のことです。
劣化箇所が多い場合は下地処理に時間がかかるため、スケジュールが後ろに倒れる可能性があることを理解しておきましょう。

ここまで来れば、塗装の準備に入ります。
まずは養生で塗装しない面を覆います。
ここで注意すべきなのが窓です。
窓ガラスを覆うと、塗装中は窓が開けられませんので、換気したいという場合は事前に伝えておきましょう。

養生が終われば、塗料を下塗り、中塗り、上塗りと3回に分けて塗ります。
3回に分けることで、塗料が本来持つ効果を発揮できます。
塗料が乾けば完了検査をして完成です。

以上が、外壁塗装の流れです。

 

□外壁塗装工事に入る前の流れを解説します!

続いて、外壁塗装を依頼するまでの流れを紹介します。
まず、外壁塗装を依頼する方の多くは、外壁を触った時にチョーキングやひび割れなどの症状に気付くでしょう。
そして、見積もりを依頼します。

この時、代表の挨拶や実際の施工現場の写真が載っているかなどを参考にしましょう。
中には、悪徳業者もいて高額な請求をされることもあるので、注意しましょう。

依頼する会社を決めたら、業者が現場の調査に来て正式な見積もりを作成して、それに納得できたら契約しましょう。

このような流れで前述した塗装工事に入りましょう。

 

□まとめ

この記事では、外壁塗装の工事に入る前の流れと工事自体の流れを解説しました。
羽曳野市、藤井寺市周辺で外壁塗装を検討している方はぜひ当社にご相談ください。