-INFORMATION-

お知らせ

外壁塗装の耐用年数の目安は?長持ちさせるポイントもご紹介!

「外壁塗装の耐用年数の目安ってどのくらいだろう」
このような方もいらっしゃるでしょう。
この記事では、外壁塗装の耐用年数の目安と、耐用年数を長くするポイントを紹介します。
気になる方はぜひ参考にしてください。
 

□外壁塗装の耐用年数の目安をご紹介!

 
まず、アクリル塗料は3から5年程度でしょう。
これは、比較的安価であるが、他の塗料と比較すると汚れやすく耐久性が低い。
そのため、短期間で別の色に塗り替える場合におすすめです。
 
ウレタン塗料は、5年から7年程度でしょう。
比較的安価で汚れにくいが耐久性が低いので長期的な外観維持にはあまり向いていないでしょう。
 
シリコン塗料は、7年から10年程度でしょう。
価格と機能のバランスが良いので、住宅塗装で現在もっとも多く使用されているものです。
 
フッ素塗料は、10年から15年程度でしょう。
一般的な塗料の中では最高グレードです。
塗膜の寿命が長く、艶消しが可能なので、高級感を演出できます。
しかしコストが高めなので注意しましょう。
 
無機塗料は、フッ素と同じく10年から15年程度です。
耐久性がかなり高いことが知られているので、屋根など劣化が激しい部分によく使用されます。
 
ピュアアクリル塗料も同じく10年から15年程度です。
耐久性と弾性が高く、防水性も優れているので、一回の塗装にかかる費用は高いが、トータルコストを抑えられる塗料です。
 
以上が一般的な塗料の太陽年数です。
 

□耐用年数を長くするためのポイントとは?

 
1つ目が、塗装前の下地処理です。
下地処理の工程としては、高圧洗浄、ケレン作業、目荒らし、ひび割れ補修などです。
塗料が密着していなければ、仮にどのような高級塗料を使用したとしても、耐用年数まで保ちません。
そのため、下地処理をしっかりとしてくれる会社を選びましょう。
 
2つ目が、3回塗りをすることです。
下塗り、中塗り、上塗りの3回の工程を踏むことで、塗料の本来の力が発揮されます。
これは、どのグレードの塗料でも共通のルールです。
 
3つ目が、溶剤、2液型、ツヤ有りの塗料は耐用年数が若干長いです。
耐用年数をより長く持たせたい場合は、溶剤系塗料(弱溶剤塗料が臭いが少なめ)で、かつ2液型の塗料を使用するようにしましょう。
 

□まとめ

 
この記事では、外壁塗装の耐用年数の目安と、耐用年数を長くするポイントを紹介しました。
塗料を選ぶ際の参考になれば幸いです。
羽曳野市、藤井寺市周辺で外壁塗装をしたい方はぜひ当社にご相談ください。