-INFORMATION-

お知らせ

外壁塗装の工期はどのくらい?期間について押さえておきたいポイントもご紹介!

「外壁塗装の工期はどのくらいなのだろう」
このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、外壁塗装の工期はどのくらいか、期間について事前に押さえておきたいポイントについて解説します。
気になる方はぜひ参考にしてください。

 

□外壁塗装の工期はどのくらい?

外壁塗装にかかる期間は、一般的に7日から10日です。
しかし、季節や雨の有無、職人の数など様々な要因によって工期は左右されてしまいます。
梅雨など雨が降る時期は、1ヶ月以上かかることもあるので、理解しておきましょう。

逆に、7日以内で塗装が済むと謳う会社は、各工程の乾燥時間などを省いている可能性があるので、注意しましょう。

続いて、各工程の流れと期間を解説します。
外壁塗装は、挨拶回りから工事準備、足場設置、飛散防止シート張り、高圧洗浄、下地処理、塗装、点検、足場撤去という流れで進みます。

まず、近隣への挨拶周りと工事準備についてです。
やはり、2週間近く塗料の臭いや足場設置で近隣住民に迷惑をかけてしまいますので、工程表と粗品を持参して挨拶に向かいましょう。

足場の設置とシート張りについては、基本的に1日で終わります。

高圧洗浄は、汚れやカビ、苔などを落とす工程です。
基本的には1日かけて洗浄し、1から2日かけて乾燥させるので合計で3日程度かかると考えておきましょう。
ただし、汚れが酷い場合は追加で作業が必要なので、さらに時間がかかります。

下地処理と養生は、特に劣化がひどくなければ1日で作業が終わります。
サイディング外壁の場合は、コーキング工事が作業工程に入る可能性が高く、2日以上かかるパターンが多いです。

塗装作業には、下塗り、中塗り、上塗りのそれぞれの工程に1日ずつかかります。
しっかりと乾燥させることが重要なので、乾燥時間を短くして工期を短縮しようとする会社には要注意です。

ここまで終われた塗装の仕上がりを1日かけて確認し、足場の撤去、ゴミの片付けで1日かかります。
全ての工程が終われば近隣挨拶をすると良いでしょう。

 

□期間について押さえておきたいポイントを紹介!

1つ目が、気象条件によっては塗装が中止されて工期が長引く可能性があります。
外壁塗装ができない気象条件としては以下のものがあります。
・強風、降雨、降雪、結露が発生もしくは予想されている
・気温5℃以下
・湿度85%以上

これらの条件に当てはまる場合は、急がず別日に塗装してもらいましょう。

2つ目が、塗装期間は基本的に家にいなくて問題ありません。
足場の現場確認、完了検査の時以外は立ち会わなくても良いでしょう。

 

□まとめ

この記事では、外壁塗装の工期はどのくらいか、期間について事前に押さえておきたいポイントについて解説しました。
今後塗装をする予定がある方の参考になれば幸いです。
羽曳野市、藤井寺市周辺で外壁塗装をしたい方はぜひ当社にご相談ください。