-INFORMATION-

お知らせ

外壁塗装の際に気になる臭いの原因は?対策方法も解説します!

外壁塗装の際に多くの方が心配するのは、臭いではないでしょうか。
「なんとなく危険そうだけど、あまりどのような物質かわからない。」
このような方は多いでしょう。
そこで、この記事では外壁塗装の際に気になる臭いの原因と対策方法を解説します。
ぜひ参考にしてください。

 

□外壁塗装の時の臭いの正体とは?

外壁塗装の臭いの正体としては、基本的に油性塗料に含まれる溶剤が挙げられます。
この溶剤には、イソプロピルアルコール、ブタノール、メタノール、キシレンなどのシンナー(有機溶剤)が使用されています。
これらが、シンナーのような刺激臭を引き起こします。

では、油性塗料を選ばずに水性塗料を選べば良いのでしょうか。
実は、水性塗料であれば無臭かというと、そうではありません。
塗料を安定させるために、水性塗料にも揮発性有機化合物は含まれています。
揮発性有機化合物のことをVOCと呼び、塗料や印刷のインキ、接着剤、ガソリンなどに含まれる物質です。

ここまでの話を聞くと、そんなものを使って人体に有害ではないのかということが気になりますよね。
結論からいうと、影響が全くないとは言い切れません。
しかし、近年ではVOCの量が少ない塗料が多くなっているので人体にも環境にも以前よりは優しい物質が増えているでしょう。

しかし、100パーセント問題がないというわけではなく、油性塗料を使った外壁塗装時の健康被害の中には、軽度の物でも吐き気やめまい、睡眠障害、頭痛、目、口(またはのど)、鼻などの粘膜に刺激を感じたり不快感が出たりするケースはあります。

そのため、小さなお子様やお年寄りの方と同居されている場合は、塗装のリスクをよく理解して、判断することをおすすめします。

 

□これから塗料の臭い対策をしたい方向けのポイントとは?

続いて、塗料の臭い対策について解説します。

まずは、水性塗料を選ぶことです。
前述した通り、水性塗料は油性塗料と比較すると臭いが抑えられます。
ただし、耐用年数に関してはやはり水性塗料に劣る部分もあるので、それぞれの特性をよく理解して、どのくらい先まで塗装を維持したいかを考えて選びましょう。

続いて、エフフォースターのものを選ぶことです。
これは、JIS規格のマークのことで、ホルムアルデヒドの放散が少ないことを示します。
ホルムアルデヒドは、シックハウス症候群などを引き起こす可能性があるので、注意しましょう。

このように、塗料の臭いを少しでも抑えるためにできることは多くあります。
気になる方は担当者に相談してみましょう。

 

□まとめ

この記事では、外壁塗装で心配な臭いの原因とその対策方法をご紹介しました。
特に、小さなお子様やご高齢の方が住んでいる住宅の塗装の際は気をつけましょう。
羽曳野市、藤井寺市周辺で外壁塗装を検討している方はぜひ当社にご相談ください。