-INFORMATION-

お知らせ

外壁塗装のタイミングに悩んでいる方へ!見極める劣化のサインもご紹介!

「外壁塗装のタイミングがわからない」
「どんな劣化が現れたら外壁塗装をすべきなのだろう」
このような悩みをお持ちの蚊ひと夏マオいらっしゃるでしょう。
この記事では、外壁塗装のタイミングに悩んでいる方に向けて、見極めるための劣化のサインを紹介します。
気になる方はぜひ参考にしてください。

 

□外壁塗装の塗り替え時期の目安を紹介します!

外壁塗装のベストな時期は、塗料の耐用年数、外壁の劣化症状で決まります。

住宅の外壁には、窯業系サイディングやモルタル、セメントが主成分として使用されています。
セメントの表面は、防水性が低いです。
そのため、そのままの状態では雨水が染み込んでしまうので塗装をして表面を保護します。

しかし、その塗装の塗膜が劣化すると外壁が風雨や紫外線にさらされることで建物の腐食が進んでしまいます。
そのため、外壁塗装を定期的に行い、適切なタイミングで塗り替えましょう。

耐用年数の面から見ると、前回の塗装から10年経っている場合は塗装をしましょう。
一般的な住宅の外壁塗装でウレタン塗料かシリコン塗料が使われているので、10年ごとに塗り替えを検討すると良いでしょう。

塗り替えの時期のサインから見ると、塗膜が浮き剥がれている、シーリングが切れている、外壁にヒビが入っているなど、これらの症状が出たら早急に塗り替えましょう。
色褪せコケ、チョーキング程度であれば経過観察で問題ありません。

紫外線によくさらされる住宅はその分外壁の劣化も早いので、注意しておきましょう。

 

□外壁が劣化しているサインを紹介します!

続いて、外壁の劣化のサインを紹介します。
1つ目が、色褪せです。
これは、文字通り塗りたてよりも色が薄くなっている状態を指します。
この段階では慌てて塗り替える必要はありませんが、今後注意するようにしましょう。

2つ目が、チョーキングです。
これは、外壁を触った時に手に白い粉がつくものです。
放置すると外壁のひび割れやカビの発生に繋がるので早めにメンテナンスが必要です。

3つ目が、塗膜の剥離・クラックです。
塗膜が剥離していると、雨水が外壁の内側に侵入するためひび割れや構造部の劣化につながります。
クラックは、幅が0.3ミリメートル以下であればヘアークラック、0.3ミリメートル以上は構造クラックと言います。
カビや構造の劣化につながるので、早急にメンテナンスをしましょう。

 

□まとめ

この記事では、外壁塗装のタイミングに悩んでいる方に向けて、見極めるための劣化のサインを紹介しました。
この記事を参考に、塗装の時期の目安を判断しましょう。
羽曳野市、藤井寺市周辺で外壁塗装をしたい方はぜひ当社にご相談ください。