-INFORMATION-

お知らせ

外壁塗装にお茶出しは必要?注意点も解説します!

「外壁塗装を行う場合、お茶出しは必要だろうか」
このような疑問をお持ちの方も多くいらっしゃるでしょう。
この記事では、外壁塗装でお茶出しが必要かどうか、もしお茶を出したい場合はどのような点に気をつければ良いかを解説します。
ぜひ参考にしてください。
 

□外壁塗装でお茶出しが不要な理由とは?

 
外壁塗装でお茶出しは必要なのだろうか、という疑問をお持ちの方も多いでしょう。
結論から言うと、お茶出しは特に必要ありません。
 
そもそも、お茶出しとは作業をしてくれる職人に対する気遣いです。
そのため、絶対にやらなければならないというルールがあるわけではありません。
最近では、お茶出しは不要です、と事前に名言したり断ったりする業者も増えています。
 
昔は、色々な作業や工事は近所に住んでいる職人たちに声をかけて行っていました。
そのため、日頃からのお礼の気持ちを表す意味を込めて、お茶やお菓子を出していました。
しかし、それがいつしか暗黙のルールのようになってしまい、今に至ります。
 
今は、工事を依頼するのはほとんどの場合直接の知人などではありませんし、共働きで日中家を留守にするというケースは多いです。
そのため、施主と職人の関係性が昔とは異なります。
 
また、職人にも工事のスケジュールがあります。
塗装工事は、複数の工程で成り立っています。
そのため、お茶出しのタイミングで作業のキリが良いとは限りません。
しかし、お茶出しの声がかかってしまうと、職人は厚意を断れず、結果作業に影響を与えてしまうことにもなりかねません。
 
こうした理由から、お茶出しをする必要はありません。
 

□もしもお茶出しをしたいという場合の注意点とは?

 
上記のような理由を理解してでも、お茶出しをしたいという場合の注意点を紹介します。
 
1つ目が、季節にあった飲み物を出すことです。
例えば、真夏であれば暖かい飲み物を出すより、冷たい飲み物の方が喜ばれるでしょう。
夏であれば、アイスを渡すのも良いですね。
 
2つ目が、休憩時間にお茶出しをすることです。
職人は、限られた時間に全ての工程を終わらせる役目があります。
そのため、場合によっては休憩しないこともあります。
10時や15時を目安に、休憩時間にお茶出しをするように配慮しましょう。
 

□まとめ

 
この記事では、外壁塗装でお茶出しが必要かどうか、もしお茶を出したい場合はどのような点に気をつければ良いかを解説しました。
お茶出しをする際の参考にしてください。
羽曳野市、藤井寺市周辺で外壁塗装を検討している方は、ぜひ当社にご相談ください。