-INFORMATION-

お知らせ

外壁塗装の塗り替えをするべき劣化のサインを紹介します!

外壁塗装の塗り替えをするタイミングを見分ける方法があります。
その方法とは、劣化のサインで見分けることです。
今回は外壁塗装の塗り替えをするべき劣化のサインを紹介します。
外壁塗装の塗り替えをするタイミングを知りたい方は、ぜひお役立てください。

 

□外壁塗装の塗り替えをするべき劣化のサインとは?

外壁が劣化すると塗り替えをする必要があります。
ここでは、塗り替えをするべき劣化のサインを3つ紹介します。

 

1つ目は、外壁の色あせです。
外壁が色あせをしている場合は塗り替えを検討する必要があります。
その理由は、色あせは塗膜の劣化が始まっている証拠だからです。

 

2つ目は、チョーキング現象です。
外壁を触った際に手に白い粉がつく現象があります。
それをチョーキング現象といいます。

 

これは直射日光や紫外線などが原因で塗装の表面が劣化して起こる現象です。
チョーキング現象を放置すると外壁にカビが発生したり、ひび割れしたりするため、早めにメンテナンスする必要があります。

 

3つ目は、ひび割れです。
ひび割れの幅が0.3ミリ以上の場合は早急にメンテナンスする必要があります。
ひび割れしている部分から雨水が浸入してカビが生えたり、住宅の強度が低下したりします。

 

□外壁塗装に適した季節について解説!

 

*春は外壁塗装に最も適している?

外壁塗装する場合は、春にすることがおすすめです。
その理由は2つあります。

 

1つ目は、天候が安定しているからです。
雨や雪が降ると、塗り直さなければいけない可能性があります。
そのため、工期が乱れる可能性があります。

 

2つ目は、作業中の気温がちょうど良いからです。
春の気温は塗料が乾きやすく、作業環境も安定しています。

 

*秋も外壁塗装に適している?

春の次に適している季節は秋です。
その理由は2つあります。

 

1つ目は、天候が安定しているからです。
天候が安定することで、スケジュール通りに工事を進められます。

 

2つ目は、暑くなく寒くもない気温だからです。
秋は過ごしやすい気温のため、職人にかかる負担が少ないです。
落ち着きを保ちながら、外壁塗装の工程を効率的に進められるでしょう。

 

□まとめ

今回は外壁塗装の塗り替えをするべき劣化のサインを紹介しました。
外壁の色あせ、チョーキング現象、ひび割れが起きた場合は塗り替えを検討した方が良いでしょう。
当社は外壁塗装工事をおこなっております。
羽曳野市、藤井寺市周辺で外壁塗装をご検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。