-INFORMATION-

お知らせ

外壁塗装をするメリットとは?外壁塗装をお考えの方必見です!

外壁塗装をお考えの方は、外壁塗装をするメリットについてご存じでしょうか。
どのようなメリットがあるのか分からないかたも多いと思います。
そこで今回は外壁塗装をするメリットを解説します。
ぜひこの記事をお役立てください。

 

□外壁塗装にはどのようなメリットがあるのか?

ここでは、外壁塗装のメリットを3つ解説します。

 

1つ目は、外壁の劣化を遅らせられることです。
外壁にはひび割れや剥がれなどの劣化症状が起こります。
その劣化症状を放置すると、雨漏れが起きたり耐震性が低くなったりします。
外壁塗装をすると劣化症状を遅らせられるため、家が長持ちするでしょう。

 

2つ目は、防水や遮熱などの機能を外壁に付加できることです。
外壁塗装をすると、外壁に新たな機能を付加できます。
塗料にはさまざまな種類があり、それぞれ付加できる機能が違います。
遮熱機能や防水機能、防汚機能などです。

 

3つ目は、家の外観を綺麗にできることです。
家の外観は経年劣化によって色褪せや汚れなどが目立ってきます。
外壁塗装をすることで、新築時のような綺麗な外観に回復できます。
さらに、塗料の色を変えることでデザインも変えられるため、新鮮さを味わえるでしょう。

 

□外壁塗装を実施する目安はどのくらい?

外壁塗装の目安は一般的に10年ごとといわれています。
その理由は2つあります。

 

1つ目は、10年程度で外壁の劣化症状が目立ってくるからです。
家は雨風や紫外線に常にさらされるため、少しずつダメージが蓄積されて10年ほどで劣化が目立ってきます。
先ほども解説した通り、外壁塗装をすると劣化症状を遅らせられます。
そのため、10年サイクルで外壁塗装をすると良いでしょう。

 

2つ目は、外壁塗装に使用される多くの塗料の耐用年数が10年前後だからです。
外壁塗装の塗料には、シリコン塗料やフッ素塗料、ラジカル制御型塗料、無機塗料などがあります。
それぞれの耐用年数は異なりますが、シリコン塗料やフッ素塗料の場合は耐用年数が10年前後です。
そのため、外壁塗装を実施する目安は築10年といわれています。

 

□まとめ

今回は外壁塗装をするメリットを解説しました。
外壁塗装をするメリットについて理解していただけましたか。
外壁塗装についてお悩みの方は、ぜひ本記事を参考にしてください。
当社の外壁塗装は美観を回復させ、建物を劣化から保護します。
羽曳野市、藤井寺市周辺で外壁塗装をお考えの方は、お気軽にご相談ください。