-INFORMATION-

お知らせ

外壁塗装をする年数の目安とは?外壁塗装を検討すべき劣化症状も併せて紹介!

外壁塗装する年数の目安はどのくらいでしょうか。
また、外壁塗装を検討すべき劣化症状とは、どのような症状でしょうか。
外壁塗装をいつ行えば良いのか分かりませんよね。

そこで今回は上記の疑問を解消する内容を紹介します。
ぜひお役立てください。

 

□外壁塗装する年数の目安とは?

 

外壁塗装する年数を新築の場合と2度目以降の場合に分けて紹介します。

 

*新築の場合

 

まだ1度も外壁塗装していない新築の場合は、築8年〜12年目が目安です。
より正確な目安を知りたい場合は、外壁材の耐用年数を確認することがおすすめです。
外壁材によっては、築12年以降も外壁塗装しなくても問題ない場合があります。

 

*2度目以降の場合

 

過去に外壁塗装して2度目以降の場合は、前回使用した塗料を確認しましょう。
塗料の耐用年数によって、外壁塗装する目安が異なります。
塗料別の耐用年数は以下をご覧ください。

 

・アクリル:約3年〜
・ウレタン:約5年〜
・シリコン:約7年〜
・フッ素:約15年〜

 

□外壁塗装を検討すべき劣化症状について

 

外壁材や塗料の耐用年数以外にも、劣化症状が起きた場合は外壁塗装を検討する必要があります。
ここからは外壁塗装を検討すべき劣化症状を3つ紹介します。

 

1つ目は、チョーキング現象です。
チョーキング現象とは、外壁を触ると白い粉状のものが付着することです。
塗料には色をつける顔料が含まれています。

 

紫外線の影響で塗膜が剥がれて、顔料がむき出しになるとチョーキング現象が起こります。
この現象が起きると塗料が建物を保護できなくなるため、外壁塗装を検討しましょう。

 

2つ目は、外壁のひび割れです。
ひび割れや経年劣化や自然災害の影響で起こります。
ひび割れを放置していると、外壁内部に雨水が浸入する可能性があります。
雨水が浸入することで建物自体の耐久性が低下するため、外壁塗装を検討しましょう。

 

3つ目は、カビや藻が目立っていることです。
外壁にカビや藻が目立っている場合は、塗膜の耐久性が低下していると考えられます。
放置していると見た目が悪いことに加えて、頑固な汚れになるため、外壁塗装を検討しましょう。

 

□まとめ

 

今回は外壁塗装する年数の目安と外壁塗装を検討すべき劣化症状について紹介しました。
それぞれについて理解していただけましたか。
外壁塗装のタイミングでお困りの方は、本記事を参考にしていただけると幸いです。
また、羽曳野市、藤井寺市周辺で外壁塗装について相談したい方は、ぜひ当社までご相談ください。