-INFORMATION-

お知らせ

外壁塗装をお考えの方必見!外壁をツートンカラーにするときのポイントを解説!

羽曳野市、藤井寺市周辺で外壁をツートンカラーにしたい方は多くいらっしゃるでしょう。
ツートンカラーの家は個性があり、おしゃれな家が多くありますが、色や配置を間違えると違和感のある外壁になってしまいます。
今回は外壁の色をツートンにする際のポイントと区切る方法を解説するので、ぜひ参考にしてください。

 

□外壁塗装でツートンカラーにするときのポイントについて

外壁塗装をツートンにする際には、押さえておきたいポイントが存在します。

 

1つ目のポイントは、2色の比率を考えることです。
具体的には、2色の割合を6対4か7対3程度にしましょう。
この比率で区切ることによってバランス良くツートンにできます。

 

2つ目のポイントは、同色系を組み合わせることです。
同色系の2色を組み合わせることによって失敗を防げます。
例えば、白とグレー、黒とグレーなどの組み合わせは特に失敗しにくい組み合わせです。

 

3つ目のポイントは、2色を分ける色を取り入れることです。
同色系のカラーで無難にしたくない場合は、2色の間にそれらを分ける色を取り入れると良いでしょう。
2色の境目に別の色のラインを入れることで、家の外観が引き締まった印象を出せます。

 

4つ目のポイントは、付帯部との相性を考えることです。
家には天井や雨樋などの付帯部が存在します。
そのため、それらの色と相性が合うようにしなければ、家全体の外観は悪くなってしまいます。

 

□ツートンカラーに区切る方法とは

2種類の色が決まったら、次はその区切り方を考えましょう。
その区切り方にはいくつかの方法があります。

 

1つ目の方法は、外壁の上下で2色に分けるものです。
1階と2階で色を分けると、家全体に重厚感が出ます。
また、2階に明るい色を配置することで家を大きく見せられることも覚えておくと良いでしょう。

 

最近では、縦に2色に分ける家も存在します。
縦に2色に分ける方法は、スタイリッシュな印象を出したい方におすすめです。

 

2つ目の方法は、出っ張り部分のみ色を変えるものです。
家には、ベランダや窓など出っ張っている部分が存在します。
その部分だけ色を変えることにより、外観に立体感を出せます。

 

□まとめ

外壁の色をツートンにする際のポイントと区切る方法を解説しました。
外壁は細かな差で印象が変わってしまうため、色や配置は慎重に選びましょう。
今回解説したことを活かして、家の外観をおしゃれにしてみましょう。
外壁塗装について悩んでいる方や相談したいことがある方は、お気軽にお問い合わせください。