-INFORMATION-

お知らせ

外壁塗装が剥がれる原因とは?剥がれるとどうなるのかについても解説!

「剥がれた外壁塗装の対応に困っている」
「傷んだ外壁塗装を放置しているが、何か問題があるのか」
このように、外壁塗装に関して悩みを抱えている方は多くいらっしゃるでしょう。
今回は、外壁塗装はどうして剥がれるのか、そしてその影響も解説します。
外壁塗装でお悩みの方は、ぜひ活用してください。

 

□外壁塗装はなぜ剥がれるのか

外壁の塗装が剥がれることに関しては、2つの原因が考えられます。

 

1つ目の原因は、施工不良です。
施工不良が原因と考えられるのは、工事後1年以内に塗装が剥がれた場合です。

 

施工会社による洗浄後の乾燥不足や下地処理の不足といった施工不良が原因となって、工事の後あまり期間が経たないうちに傷んでしまうことがあります。
そのような場合には保証を受けられる可能性があるため、施工会社に確認すると良いでしょう。

 

2つ目の原因は、経年劣化です。
工事の後に数年から数十年が経過してしまうと、経年劣化の影響で塗装が剥がれる可能性が高まります。
目安として、工事の後10年程度で剥がれてきた場合は経年劣化が原因であることが多いです。

 

塗料の種類別の耐久年数を具体的に2つあげると、アクリルが3年から5年程度、シリコンが7年から10年程度です。
剥がれの程度や経年劣化してくる年数は塗料の種類や環境などによって変化することも理解しておきましょう。

 

□外壁塗装が剥がれた際の問題点とは

外壁塗装が剥がれると以下のような問題が発生します。

 

1つ目の問題は、新築の住宅でも外観が悪くなることです。
多くの方は、外壁が傷んでいる家を見るとメンテナンスされていないボロボロの家だと思ってしまうでしょう。

 

しかし、塗装はそれほど年数が経っていなくても傷む可能性は十分あります。
そのため、実際の建物自体は新築で新しいとしても、その美しさを損なってしまうのです。

 

2つ目の問題は、外壁や建物を守れなくなることです。
塗装が剥がれた結果、外壁と建物を保護するという塗装の最も重要な目的が満たされなくなります。
そうなってしまうと、紫外線や雨風によって外壁の劣化が進んでしまいます。

 

また、その影響で家そのものが傷む可能性もあります。
外壁塗装が剥がれたまま長時間放置すると、家の耐久性が失われてしまうことを理解しておきましょう。

 

□まとめ

外壁塗装がなぜ剥がれるのかに加えて、剥がれた際の問題点を解説しました。
経年劣化によって、外壁塗装は剥がれてしまいます。
そのため、塗装の際にどの程度の年数が経つと剥がれるのかを大まかに確認しておくことが大切です。
羽曳野市、藤井寺市周辺で外壁塗装をお考えの方は、お気軽に当社までご連絡ください。