-INFORMATION-

お知らせ

外壁塗装の塗り替えのタイミングは?外壁塗装した方が良い劣化のサインも解説!

羽曳野市、藤井寺市周辺で外壁塗装の塗り替えのタイミングに悩んでいる方は多くいらっしゃるでしょう。
外壁塗装は、その状態によって塗り替えた方が良いかどうかを確認できます。
今回は、外壁塗装の塗り替えのタイミングと劣化のサインについて解説します。
塗装の塗り替えを検討している方はぜひ参考にしてください。

 

□外壁塗装の塗り替えのタイミングとは

外壁の塗装を塗り替えるべきタイミングは、次の3つの事項によって決まります。
それは、塗料の耐用年数・外壁の劣化症状・外壁の素材の3つです。

 

まず、塗料の耐用年数は塗料次第でその期間が異なることに注意しましょう。
アクリルでは3から8年程度、ウレタンでは5から10年程度、シリコンでは8から15年程度、フッ素では12から20年程度です。
塗装が傷んで建物の構造が傷んでしまうと、外壁塗装を塗り替えるよりも費用がかるため、耐用年数を目安に塗り替えるようにしましょう。

 

外壁の劣化症状については後ほど解説します。

 

外壁材の違いも意識しましょう。
日本の外壁材でよく使用されるのは、窯業系サイディングです。
この素材はセメントが原料であるため、定期的に塗装しなければ防水できないことを理解することが大切です。

 

また、セメントと砂、水を混ぜ合わせたモルタル外壁の場合でも、一般的には塗装が必要です。
外壁の素材によって塗り替えのタイミングが異なるため、外壁の素材を確認した上で、定期的に塗り替えると良いでしょう。

 

□外壁塗装した方が良い劣化のサインとは

外壁の劣化症状によって塗装の塗り替えが必要かどうかわかるため、劣化のサインを正しく理解しておくことが大切です。

 

1つ目のサインは、外壁の色あせです。
外壁が当初よりも色あせている場合は劣化の進行度は低いですが、張り替えを検討した方が良い時期です。
すぐに塗り替える必要はありませんが、目安として覚えておきましょう。

 

2つ目のサインは、チョーキングです。
外壁を触った際に白い粉がつく際は、劣化が進んでいる証拠であるため、早めにメンテナンスすることが必要です。

 

3つ目のサインは、塗装の剥がれや外壁のひび割れです。
塗装が剥がれていたり、外壁が割れていたりすると、そこに雨が侵入して建物自体が傷んでしまいます。
これらの症状がある際は、できるだけ早くメンテナンスしましょう。

 

□まとめ

外壁塗装を塗り替えるタイミングと劣化のサインについて解説しました。
今回紹介した症状がある場合は、塗装の塗り替えを検討しましょう。
建物の構造自体が傷んでしまうことがあるため、事前に塗装を塗り替えておくことが大切です。
外壁塗装について何か気になることがある方は、お気軽にお問い合わせください。