-INFORMATION-

お知らせ

外壁塗装をお考えの方へ!光触媒塗料について解説します!

外壁塗装をお考えの方の中には、どの塗料を選べば良いかわからず悩んでいる方がいらっしゃるでしょう。
そのような方におすすめなのが、光触媒塗料です。
触媒はあまり聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、外壁塗装において多くのメリットが存在します。
今回は、光触媒塗料とそのメリットを解説します。

 

□外壁塗装における光触媒塗料とは

光触媒とは、光を用いて化学反応を促進して物質を変化させる物体のことをいいます。
具体的には、光触媒においては酸化チタンという物質が化学反応を促進させます。
そして、その酸化チタンを塗料に組み込んだものが光触媒塗料です。
科学的な名前であるため、人体の影響を心配する方がいらっしゃいますが、実際は人体には悪影響がないのでご安心ください。

 

□光触媒塗料のメリットとは

光触媒塗料には、その特徴によるメリットが存在します。

 

1つ目のメリットは、汚れがつきにくいことです。
光触媒塗料にはセルフクリーニング効果があります。
仕組みは以下のようなものです。

 

光触媒塗料を塗った外壁で表面を覆っている二酸化チタンが紫外線を浴びた結果、活性酸素と呼ばれる物質が発生します。
この活性酸素は空気中の汚染物質を分解する効果があり、その結果、汚れが外壁に付着しにくくなるのです。
また、光触媒塗料には親水性があり、雨水が付着しやすい特徴があります。
そのため、外壁についた汚れが雨で洗い流されます。

 

これがセルフクリーニングの仕組みです。
この仕組みがあるため、光触媒塗料には汚れが付着しにくいという大きなメリットがあるのです。

 

2つ目のメリットは、耐用年数が長いことです。
光触媒塗料の耐用年数は、16年から22年程度です。
この年数は、紫外線によるダメージに強いフッ素塗料の耐用年数と同等の数値です。

 

一般的な光触媒塗料での耐用年数はその程度ですが、天候や周囲の環境によって耐用年数は変動します。
また、耐用年数が短い光触媒塗料も多くあることを理解しておきましょう。
そのため、塗料選びの際には耐用年数がどの程度なのかをきちんと確認しておくことが大切です。

 

□まとめ

光触媒塗料とそのメリットを解説しました。
汚れがつきにくく、長い年数塗り替えの必要がないことは、外壁塗装において魅力的です。
塗装選びに悩んでいる方は、光触媒塗料も選択肢に入れてみると良いでしょう。
羽曳野市、藤井寺市周辺にお住まいの方で光触媒塗料が気になる方は、お気軽にお問い合わせください。