-INFORMATION-

お知らせ

外壁塗装でピンクを採用するメリットとは?失敗しないためのポイントも紹介!

外壁塗装の色で個性を出したいという方は多いでしょう。
ピンクは華やかで個性的な色であるため、その特徴ならではのメリットが存在します。
しかし、その反面失敗しやすい色でもあるため、実際に取り入れる際には注意が必要です。
そこで今回は、ピンクの塗装を採用するメリットと失敗しないためのポイントを紹介します。

 

□外壁塗装でピンクを採用するメリットとは

ピンクの外壁塗装には以下のようなメリットが存在します。

 

1つ目のメリットは、明るい外観にできることです。
華やかなイメージのあるピンクを外壁の色として採用することで、家全体が明るく見えます。
また、一口にピンクと言っても、濃淡を考えると多くの色があるため、落ち着いた色の外壁にもできます。

 

2つ目にメリットは、日当たりが悪い家に合うことです。
日当たりの悪い家は陰で暗い印象がありますが、そこにピンクの外壁を取り入れることで明るい印象にできます。

 

3つ目のメリットは、個性的な外観にできることです。
外壁の色として人気な色は、ベージュや茶色などの無難な色です。
そのため、外壁をピンクにすることで個性的な家にできます。
オリジナリティのある家にしたい方や、近隣の外壁の色と被りたくない方にピンク色はおすすめです。

 

□外壁塗装でピンクを採用する際に失敗しないためのポイントとは

ピンク色の外壁は魅力的ですが、以下のようないくつかのポイントを理解することでより良い外壁に仕上がります。

 

1つ目のポイントは、鮮やかなピンク色には注意することです。
強く鮮やかなピンク色は個性的ですが、地域で悪目立ちしてしまう可能性もあります。
ベースカラーに鮮やかなピンクを採用すると、地域で浮いてしまい、近隣住民が不満を持つ可能性もあるので気をつけましょう。
そのため、鮮やかなピンクを採用したい方はアクセントカラーとして採用することをおすすめします。

 

2つ目のポイントは、屋根の色との組み合わせを考えることです。
外壁を自分好みの色にできても、屋根の色との相性が悪ければ家全体の見た目は悪くなってしまいます。

 

ピンク系の色には、相性が良い色と相性が悪い色が存在します。
相性が良いのは茶色や黒、相性が悪いのはグレーや白です。
特におすすめなのは、汚れが目立ちにくく相性が良い黒です。

 

□まとめ

外壁塗装でピンクにするメリットと失敗しないためのポイントを紹介しました。
家の外観を明るくできるピンクは魅力的な色です。
今回紹介したポイントを活かして、おしゃれな外壁に仕上げましょう。
羽曳野市、藤井寺市周辺で外壁塗装について気になることがある方は、当社までお気軽にお問い合わせください。