-INFORMATION-

お知らせ

外壁塗装で起こりやすい隣家とのトラブルとは?防ぐ方法についても紹介!

外壁塗装で隣家とトラブルになりたくないですよね。
トラブルが起きるのを事前に防ぐために、起こりやすいトラブルやトラブルを防ぐ方法について知っておくべきです。
そこで今回は外壁塗装におけるトラブルについて紹介します。
羽曳野市、藤井寺市周辺で外壁塗装をご検討中の方は、ぜひお役立てください。

 

□外壁塗装で起こりやすい隣家とのトラブルについて

 

外壁塗装で起こりやすい隣家とのトラブルを3つ紹介します。

 

1つ目は、塗料や汚れが近所の家や車についてしまうケースです。
外壁塗装時は塗料が飛散する可能性があり、それが家や車についてしまうことがあります。
気を付けていても塗料の飛散を完全には防止できないため、トラブルに発展する可能性があります。

 

2つ目は、足場組み立てや解体のときの音がうるさいというケースです。
外壁塗装する際は足場を組み立てたり、解体したり、高圧洗浄機を使うなど、騒音が発生します。
隣家がその騒音に我慢できずにトラブルに発展するケースがあります。

 

3つ目は、塗料の悪臭によるクレームです。
外壁塗装で避けられないのが、塗料の悪臭です。
臭いに敏感な方にとっては、外壁塗装の悪臭は耐え難いものです。
悪臭が少ない塗料が増えてきていますが、まだ臭いは気になるレベルのため、隣家とのトラブルに発展しやすいと言えます。

 

□隣家とのトラブルを防ぐ方法とは?

 

外壁塗装時に隣家とトラブルになる可能性がありますが、事前に防ぐ方法も存在します。

 

まずは、隣家に挨拶することです。
挨拶に行くのは、足場の組み立てと解体の前です。
組み立ての際は3日〜1週間前、解体の際は1〜3日前に挨拶するようにしましょう。
日時に関しては、土日祝日の10時〜17時頃が一般的です。

 

挨拶は、両隣と向かい側、裏側の4軒には最低限行くようにしましょう。
挨拶回りの際は、粗品も用意しましょう。
また、予備日を含めた工期や作業時間、具体的な施工内容などを伝えることがおすすめです。

 

次に、養生の際に立ち会うことです。
塗装の飛散が原因で起こるトラブルを防ぎたい方は、養生の際に立ち会うようにしましょう。
特にトラブルに発展しやすいのが、隣家と自宅との境目です。
また、家の構造が特殊で見逃してしまいそうな場所は、しっかり養生されているかをご自身で確認すると良いでしょう。

 

□まとめ

 

外壁塗装におけるトラブルは、塗料の飛散・騒音・悪臭などが原因で起こります。
トラブルを防ぐために隣家に挨拶をして、工期や作業時間、具体的な施工内容などを伝えるようにしましょう。
また、養生の際に立ち会って、しっかり養生されているか確認すると良いでしょう。