-INFORMATION-

お知らせ

外壁塗装でツートンにしたい方必見!ダークグレーを使用した組み合わせを紹介!

外壁をツートンにしたい場合は、ダークグレーを採用することがおすすめです。
その理由は、他の色より汚れが目立たなかったり、周囲の環境に合いやすかったりと、多くのメリットがあるからです。
この記事では、ダークグレーを使用したツートンカラーの組み合わせについて紹介します。
ぜひお役立てください。

 

□ダークグレーを使用したツートンカラーの組み合わせとは?

 

ダークグレーを使用したツートンカラーはいくつかの種類があります。
ここでは、その種類を3つ紹介します。

 

1つ目は、ダークグレーと白です。
この配色は、スタイリッシュで爽やかな印象を与えるため、人気が高い組み合わせです。
色の対比が強いので、ダークグレーが白の爽やかさを引き立てます。
また、ダークグレーと一口に言っても、色味によって印象が異なるので、ご自身のお好みを探してみると良いでしょう。

 

2つ目は、ダークグレーとベージュです。
緊張を緩める効果があるベージュとの組み合わせは、穏やかな印象を与えます。
さらに、緑と調和しやすいため、街路樹が多い地域でおすすめのツートンカラーです。

 

3つ目は、ダークグレーと黒です。
黒と組み合わせることで、引き締まったスタイリッシュな印象を与えます。
レンガ調や石積調の外壁材にすると、重厚感が増すため、外観を引き締めたい場合はぜひ採用してみてください。

 

□外壁塗装でツートンにする場合のポイントについて

 

何も考えずにツートンにしてしまうと、後悔してしまう可能性があります。
後悔しないために、ツートンにする場合のポイントについて知っておくと良いでしょう。

 

まずは、色分けの仕方です。
外壁をツートンにする場合、色の分け方にはいくつかの種類があります。

 

例えば、階ごとに分けたり、縦のラインで分けたりと、さまざまです。
階ごとに色を分けると落ち着いた印象に、縦のラインで分けるとスタイリッシュな印象にできます。
ご自身のお好みに合わせて、色の分け方を選ぶと良いでしょう。

 

次に、色の比率です。
色の比率について悩むかもしれませんが、2色の比率は6:4〜7:3にすることがおすすめです。
この比率が最もバランスが良いと言われています。
また、濃い色の面積を広くすると引き締まった印象に、淡い色の面積が広いと優しい印象にできます。

 

□まとめ

 

この記事では、ダークグレーを使用したツートンカラーの組み合わせについて紹介しました。
ダークグレーと組み合わせる色によって、家の印象は大きく異なります。
ご自身のお好みの雰囲気になるような色を選ぶと良いでしょう。
また、羽曳野市、藤井寺市周辺で外壁塗装をお考えの方は、ぜひ当社までご連絡ください。