-INFORMATION-

お知らせ

雨が降ったら外壁塗装にどのような影響を与える?

皆さんは雨の日に外壁塗装ができるかどうかご存じでしょうか。
雨が降った場合にできること、できないことがあります。
そこで今回は、外壁塗装の際に雨が降った場合の影響と雨が降っていてもできることを紹介します。
羽曳野市、藤井寺市周辺で外壁塗装をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

□外壁塗装の際に雨が降った場合の影響について

 

基本的に雨が降った場合は、外壁塗装工事はできません。
その理由は、気温5度以下・湿度85パーセント以上の場合は塗装を避けなければいけないからです。
湿度が85パーセントを超えていると、塗料に結露や雨などの不純物が混ざり、塗膜の形成不良や変色が起きてしまう可能性があります。

 

また、湿度が高い雨の日は雨にあたらずに作業できたとしても、塗料が乾燥しにくい点が問題です。
乾燥しにくいと塗装の仕上がりに影響を与えてしまうため、基本的に雨の日は外壁塗装工事は行いません。

 

さらに、安全面から考えても、雨の日に外壁塗装工事を行うのは避けるべきです。
雨が降ると足場が滑りやすいため、作業員は危険な状況で作業しなければいけません。
作業中に足を滑らせて転落してしまうと、取り返しのつかないことになってしまいます。
安全面を考慮すると、雨の日に無理をするよりも、晴れの日に安全に作業するべきです。

 

□雨が降っていても外壁塗装でできることとは?

 

基本的に雨の日は外壁塗装工事を行えませんが、できる作業もあります。

 

まずは、高圧洗浄です。
高圧洗浄とは、外壁塗装を行う前に外壁や屋根に付着した汚れを水で流すことです。

 

外壁に高圧の水をかけて汚れを落とすため、雨の日に行っても影響はありません。
ただし、激しい雨の場合は視界が悪くなってしまったり、足元が見えづらくなったりして危険なため、中止することもあります。

 

次に、足場の組み立てと解体です。
この作業も雨の日に行えますが、雨雲が薄く、小雨の状態であることが条件です。
その理由は、足場の部材は重量があり、雨がひどいと部材が滑りやすくなってしまい、思わぬ落下事故につながる可能性があるからです。

 

最後は、飛散防止シートの設置です。
足場を設置した後は、塗装工事中に塗料が周りの家に飛ばないように、飛散防止シートを張ります。
こちらも基本的に雨の日でも行えます。

 

□まとめ

 

気温5度以下・湿度85パーセント以上の場合は、基本的に外壁塗装工事ができません。
ただし、高圧洗浄・足場の組み立てと解体・飛散防止シートの設置などは、雨が降った場合でもできることがあります。
詳細について知りたい方は、ぜひ当社までお問い合わせください。