-INFORMATION-

お知らせ

モダンな家に仕上げる手順?外壁塗装でモダンなデザインにするためのポイントも紹介!

シンプル・フラット・モノトーンなデザインが特徴であるモダンなデザインは、人気が高い傾向にあります。
このデザインを外壁塗装で実現させるためには、どうすれば良いのでしょうか。
この記事では、モダンな家に仕上げる手順とポイントについて紹介します。

 

□外壁塗装でモダンな家に仕上げる手順について

 

モダンな家に仕上げるには、以下の手順を踏む必要があります。

 

まずは、カタログや色見本から塗りたい色を選びます。
色を選ぶ際は、白やグレーなどの薄い色はよく使用されている色のため塗料カタログから、黒やネイビーなどの濃い色・カタログになかった色は色見本から選ぶことがおすすめです。

 

次に、カラーシミュレーションでデザインを確認します。
モダンなデザインは塗り分け方が少し変わるだけで、印象が大きく変わります。
また、カタログや色見本のみでは、外から見た時の外観がイメージしにくいため、カラーシミュレーションでデザインを確認することがおすすめです。

 

最後は、色板で実際の色を確認します。
色は面積や明るさによって、見え方が変わるため、色板を使用してさまざまな場所で確認するようにしましょう。
太陽光の有無で見比べたり、照明の有無で見比べたりすることがおすすめです。

 

□外壁をモダンなデザインにするためのポイントとは?

 

外壁をモダンなデザインにするためには、いくつかのポイントがあります。

 

1つ目は、色数は2つ以内にすることです。
基本的には2色以内にするのがおすすめですが、どうしても色を増やしたい場合は3色までにしましょう。
色数が増えれば増えるほど、モダンな雰囲気から離れていってしまうため、色数には注意しましょう。

 

2つ目は、メインカラーは黒・白・グレーのいずれかにすることです。
モダンな雰囲気には、無機質さや幾何学的印象が必要です。
この要素を強めるためには、黒・白・グレーなどの無彩色をメインカラーにすることが効果的です。

 

3つ目は、明度差の有無をはっきりさせることです。
明度差が中途半端の場合、モダンな印象を与えづらい傾向があります。

 

そのため、明度差の有無をはっきりさせるようにしましょう。
明度差が小さい色の組み合わせの場合はフラットさが、明度差が大きい場合は幾何学的印象が強調されるため、モダンな印象を与えやすくなります。

 

□まとめ

 

モダンな家にするためには、メインカラーに無彩色を選び、色数は2つ以内にする必要があります。
明度差の有無をはっきりさせることで、モダンな雰囲気を演出できるため、モダンな家にしたい方はぜひ実践してみてください。
また、羽曳野市、藤井寺市周辺で外壁塗装をお考えの方は、ぜひ当社までご連絡ください。